隠し子が発覚した芸能人

2012年

GACKT

TBS深夜番組「ワンダフル」に出ていたアシスタントガールと付き合うようになり、彼女は妊娠。イメージダウンになることを心配したGACKTは、子供は認知しない、日本から出て行くことを条件に、生活の面倒を見続けているという。

出典 「GACKT「カネとオンナ」で絶体絶命!不明金疑惑とカナダに追い出したアシスタントガール」- 2012/9/ 6

 “妊娠隠すためバンクーバーの高級マンションに追放

これと同じ内容の記事を「週刊文春」でもやっている。この2冊を読むとGACKTの人間性がよくわかって興味深い。文春によれば、GACKTは沖縄出身となっているが、滋賀県栗東町(現在は栗東市)で、本名は岡部学。その後、沖縄の母方のおばあさんの養子になり大城姓に改名した。彼は顔の整形を繰り返してきたから、いまのGACKTを見て気づく幼馴染みはいないという。なぜそうまでして顔を変え、過去まで消したかったのか。それは独立する際のもめ事が背景にあるというのだが、これは省く。彼は女性関係が多い。10年ほど前にTBS深夜番組「ワンダフル」に出ていたアシスタントガールのE子と付き合うようになり、彼女は妊娠してしまう。イメージダウンになることを心配したGACKTは、子供は認知しない、日本から出て行くことを条件に、生活の面倒を見続けているという。彼女が住んでいるのはカナダのバンクーバーだという情報に、文春記者は現地へ赴く。彼女たちは月の家賃が日本円で40万円は下らないだろうという高級マンションに暮らしていた。GACKTの知人は、関係した女を海外に住まわせるのはE子が始めてではないと、こう語っている。「今度は隠し子までいて、家族総出でカナダ暮らしだから、相当な出費が続いて本人は頭が痛いんじゃないですか。ファンクラブの会員もかつての三分の一ほど。最近はCDもあまり売れてないですから」脱税疑惑はどうなるのか、この2本の記事を読む限り定かではないが、アラフォーの星だったGACKTに降りかかった最大の試練には違いない。”

志村けん

出典 お笑い芸人 豪快伝説 其の二十二『志村けん』 – リアルライブ 2012年08月01日

” 同棲相手は、10人以上。その誰もが別れたあと、スキャンダルなネタを暴露しないのは、手切れ金として財産の半分を受け取っているから。志村の浮気による小さなトラブルはあっても、女性が恨み節を叩いたことは、一度もない。現在、62歳。いまだ独身。しかし、子供はいる。まだザ・ドリフターズの付き人をつとめていたころ、同棲女性のあいだにできた子だ。しかし、将来に希望を持てないふたりの結婚は周囲に反対されて、別離。もうアラフォーになった我が子、元彼女が現在、どこでなにをしているか、志村は知らない。”

宮根誠司

妻とは別の女性・A子さん(32)との間に、2012年2月に4才になる娘がいたことが発覚。

出典 隠し子発覚の宮根誠司 相手女性に“中絶”の選択肢なかった – exciteニュース NEWSポストセブン 2012年1月6日|画像 http://laughy.jp/1412330153820166607

“妻とは別の女性・A子さん(32)との間に、今年2月に4才になる娘がいたことが発覚したフリーキャスターの宮根誠司(48)。女性セブンが宮根本人に取材を申し込むと、彼はいままで黙っていた苦悩を語ってくれた――「ずっと黙ってるわけにはあかんやろうなと思ってました。私も取材する立場の人間ですからね。A子さんと知り合ったのは6~7年前のことです。彼女は当時、夜のお店の接客スタッフとして大阪・北新地で働いていて、はじめはホステスと単なるお客さんという間柄でした。ぼくは一緒にいて自分が楽しく過ごせる人がタイプなんですけど、彼女はまさにそんな女性でした。お店の仕事を必死に頑張っていて。お店のママにも信頼されていました。ぼくがお客さんをお店に連れていったりしても、失礼がないようにうまく場を盛り上げてくれたりして、すごく助かっていたんです。何度か通ううちに親しくなって、次第にお店が終わった後に、一緒に御飯を食べに行ったり、お酒を飲みに行くようになりました。そのうち男女の関係になって、彼女の家にも行くようになりました」どんどん親密になっていった宮根とA子さんだが、彼には、このときすでに、現在の妻であるB子さん(40)という恋人の存在があった。宮根は、1993年1月に元モデルの女性と結婚するも、2004年7月に離婚。当時、出版社に勤めていたB子さんとは離婚前に知り合い、前妻と離婚後に交際に発展したという。「確かに、当時は独身だったんですけど、A子さんにはもともと『ぼくには、結婚を約束した恋人がいる』といっていたので、向こうも『ぼくとは結婚はできない』とは思っていたようです。まぁ…、恋人がいるのにそういうことをしちゃうのが、ぼくの馬鹿野郎なところなんですが…」その後、宮根は2006年8月にB子さんと結婚した。だが、A子さんとの関係は結婚後も続いたという。とはいえ、新婚ということもあってか、以前よりもA子さんと頻繁に会うことはなくなっていた。そんなときに、宮根の人生を大きく変えることになるA子さんからの電話が鳴った。「2007年の春ごろでした。ちょうど仕事が終わって夕方ぐらいに、ひさびさにA子さんから電話があって…。単刀直入に『子供ができた』といわれました。もちろん、その瞬間、『えっ?』とは思いました…。でも、それ以上に彼女も動揺していましたので、『とにかく1回会って、落ちついて話をしよう』といって電話を切りました。それで数日後、ホテルの喫茶室みたいなところで話をしたんです。A子さんの気持ちの中には“中絶する”という選択肢はありませんでした。彼女には生死に関するつらい過去があったんです。だから、命を絶つという発想は一切なかった。そのとき、ぼくが一瞬でも悩まなかったかといったら、嘘になるとは思います。正直、『困ったな…』とも思いました。だけど、尊い命が、すでに彼女のお腹の中にいると思ったら、ぼくがそれを奪ってええんかって考えて…」※女性セブン2012年1月19・26日号”

2011年

片岡愛之助

2011年、12年ほど前に交際していた女性との間に男児がいることが発覚。

愛之助隠し子 福助愛人流産と女性セブン – nikkansports 110217
出典 愛之助に隠し子!20代のころホステスとの間に11歳の男の子 – デイリースポーツ 2013年09月04日

“【2011年2月18日付デイリースポーツ紙面より】
 一部週刊誌で、“隠し子”の存在が報じられた歌舞伎俳優の片岡愛之助(38)が17日、出演舞台「二月大歌舞伎」を公演中の大阪松竹座で会見し、「おおむね事実でございます」と報道を認めた。母親の女性(43)とは自身が20代のころに交際していたが結婚はしておらず、11歳になる小学5年生の男の子の認知もしていないという。養育費は支払っているといい、今後についても「必要なことはフォローしていく」と話した。端正なマスクに苦渋の思いをにじませながら、愛之助は隠し子の存在を認めた。公にしなかったことには、「(相手の女性と)2人で話し合って決めた。わざわざ世間さまに報告することではない」と説明した。母親の女性が大阪・北新地のホステスだった12、3年前に交際を始め、2年ほど付き合っていた。結婚に踏み切れなかった理由については、「当時は修業中だと思っていたので…。2人で考えて、それぞれの人生を歩もうと決めた」と明かした。子どもは認知しておらず、愛之助が父親かどうか「知っているかは分からない」とした。将来については、「父親が歌舞伎役者がいいのか、一般の方がいいのか、彼女と2人で考えて…、子どもが大きくなって、本人の意見も聞いて決められたらいい。必要なことはフォローしていく」と“親心”をのぞかせた。子どもが生まれた直後、3、4カ月は女性のマンションで同居していた時期もあった。ただ現在は「彼女とはもう何年も会っていない。会いたい気持ちもあるが、忙しくて時間が取れない」と渋い表情。また、養父の片岡秀太郎(69)には、この日初めて電話で報告し、「相当ショックだったと思います」と語った。97年には市川染五郎(38)に、03年には市川海老蔵(33)に隠し子が発覚。さらには昨今のトラブル続きと、梨園の“浮世離れ”ぶりが目立つが、愛之助は「世間一般でもあること。職業柄、それが大きく取り上げられるだけでは」と強い口調で否定した。”

2007年

初代林家三平

出典 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071226-00000007-sanspo-ent 20071226|画像 http://matome.naver.jp/odai/2138111140928925401/2138111617334533403

初代林家三平、銀座ホステスとの間に隠し子…週刊文春報じる
昭和の爆笑王の異名をとった落語家で、昭和55年に亡くなった初代林家三平(享年54)に隠し子がいた、と26日発売の「週刊文春」が報じている。同誌によると、三平が生前に銀座のクラブ「ボニー」のNO.1ホステスだった“悦ちゃん”と恋におち、東京・根岸の自宅から徒歩15分のアパートの六畳間を借りて囲っていたという。さらに親友だった落語家、三笑亭笑三(82)の証言として、彼女は5年近くも笑三を介して月5万円を渡され、最後に三平の子供を身ごもったという。笑三はこの日、サンケイスポーツの取材に「40年か50年くらい前の話。2人ともまだ二つ目くらいでしたね。三平に子供が2人いたときです。急にウケてお金ができたので、よく店に飲みに行っていました。彼女から『三平師匠の子供ができた』と聞かされましてね。それであの家はもめたんですよ」と認めた。林家ファミリーでは11月12日に、三平の二女の泰葉(46)が落語家の春風亭小朝(52)と離婚。また、長女の海老名美どり(54)と泰葉の不仲も表面化している。”

海老名家 母娘和解までの20年裏に「初代三平の隠し子騒動」【海老名家】- 女性自身 2012年09月26日

“「33年間、大変なこともたくさんありました。正直言って、不安な日もありましたが、家族がまとまり、一門がひとつになって、ようやくこのように立派に法要ができました」『昭和の爆笑王』と呼ばれた初代・林家三平さん(享年54)の『三十三回忌法要の会』で、挨拶に立った長男・林家正蔵(49)の目は真っ赤だった。初代三平の命日、9月20日に帝国ホテルで行われた会には、三平さんゆかりの人たちが約850人集まった。腰をかがめて歩く母・海老名香葉子さん(78)をいたわるように、その手を引いていたのは長女の美どりさん(59)だった。長年、確執が取り沙汰されてきた母と娘の仲むつまじい姿を見るのは、何年ぶりになるだろう。「数年前までは考えられないことでした。10年前の二十三回忌は、母娘の確執がこじれ、峰竜太(60)・美どり夫妻が欠席するという異常事態でしたからね。原因は香葉子さんのいる根岸の自宅からと、海老名家がお世話になっている石原プロからの峰のダブル独立でした」(演芸関係者)
『法要の会』には、美どりさんと夫の峰、泰葉(51)、正蔵、二代目三平(41)のきょうだいが久しぶりに勢ぞろい。「90年に神楽坂に土地を買った峰と美どりさんは、02年夏のいっ平(現・三平)の真打ち昇進イベントも『新聞で知った』と話し、10年来の母娘冷戦が噂されるようになりました。美どりさんには、無名だった峰をもり立てるという “下嶋(峰の本名)家の嫁”の意識が強く、それで香葉子さんと衝突したのだと思います」(落語関係者)
父親の法事を欠席するという異例。実は、“冷戦勃発”の背景にはこんな見方も――。「美どりさんは、そのころ、三平さんの隠し子の存在を知ったようです。生前の三平さんに溺愛されていただけに、ショックは大きかったんでしょう。それをずっと隠してきた香葉子さんに対しても、不信感をもったようです」(海老名家の知人)
故三平師匠の隠し子騒動は、香葉子さんとの新婚時代のできことだ。「52年4月、結婚した三平師匠と香葉子さんの新居は、4畳半が2つの部屋。しかも姑と同居でした。58年、三平さんが真打ちに昇進するまで、香葉子さんはマッチのラベル貼りなどの内職で糊口をしのいだそうです」(前出の知人)
真打ち昇進後、三平ブームがやってきたのだが・・・。「それまでの苦労がたたって香葉子さんは過労から肺炎を患い、入退院を繰り返します。その間、三平さんは愛人を作り、子どもまでもうけていたそうなのです」(前出・知人)
愛人は、銀座7丁目のバーのホステス・Aさん。「香葉子さんがAさんの存在を知ったとき、すでに妊娠8カ月。すったもんだはありましたが、香葉子さんは、三平さんを信じ、生まれた子どもは引き取ることにし、Aさんへの手切れ金50万円も用意したそうです」(前出・知人)
たとえ夫に裏切られても、夫を信じ、尽くすことが香葉子さんの生き方だ。香葉子さんはお腹に座布団を巻き、あたかも自分が妊娠したかのように見せかけたという。ところが、Aさんは出産間近の59年12月、突然、アパートから姿を消したそうだ。その子は美どりより7歳年下で、男の子だった。当時、三平師匠の構成作家を務めた三遊亭笑三師匠(86)はこう語る。「そうですね~。そういうこともありましたかねぇ。そのことであの家はずいぶんもめましたよ」笑三さんは、出産後のAさんとその子どもに偶然、出会ったことがあるそうだ。
「上野の松阪屋の前でしたか。小さい男の子の手を引いていた彼女とばったり会いました。4歳か5歳くらいだったでしょうなぁ。冬の寒い晩でした。向こうから声をかけてきて、『三平さんの子どもです』と、ハッキリ言っていましたね」実際、昨年10月、二代目三平の結婚披露宴で北野武が、「ところで、故・三平師匠の腹違いの兄弟たちは皆、元気でしょうか?」と“祝辞”を述べていたが、まさに美どりとの20年に及ぶ冷戦が終わる契機になったのも彼の結婚だったという。「三平が初めに佐智子さんを連れて行ったのは、美どりさんの家でした。その後、香葉子さんに会いに行った。順序が逆ですよね。でも、それが功を奏したんです。最初にフィアンセを紹介された美どりさんは悪い気がしない。苦労人の香葉子さんは、末っ子夫婦の気持ちがわかって、怒るどころか笑顔で迎えました。器が大きいといいますか、香葉子さんの胆力が発揮され、そこから長年の確執が氷解し始めたようです」(前出の知人)
隠し子騒動も乗り越え、“肝っ玉”で海老名家を支えてきた香葉子さんこそ、三平師匠亡き後の海老名家の“大黒柱”なのだろう。”

2006年

山田孝之

2006年、以前交際していた女性との間に男児がいることが発覚。ドラマや映画にひっぱりだこだったが、隠し子発覚後人気が急降下した。今年の元日に結婚をしたのは別の女性。

出典 山田孝之、元日結婚報告の陰に追いやられたあの息子の現在 – サイゾーウーマン 2012.01.08

“山田は、NHK連続テレビ小説『ちゅらさん』で主人公の弟・古波蔵恵達役を演じたことで注目を浴び、その後も『WATER BOYS』(フジテレビ系)、映画『電車男』など数々のヒット作に出演して着実に人気を獲得していった。そんな絶好調の山田に突如降りかかったのが、2006年2月にスポーツ紙の報道で発覚した「隠し子騒動」だ。山田には、女優でモデルのChihoこと大山千穂との間に生後4カ月の子供がいると報じられた。ふたりで何度も話し合った結果、生活費や養育費などは山田がすべて負担し、子どもはChihoが育てていくことで合意したという。ドラマ『白夜行』(TBS系)で主演を務めている最中であったことに加え、爽やかなイメージで人気を博していた山田にとってこのスキャンダルは大打撃だった。さらにそんな山田に対して、同じ事務所に所属していた沢尻エリカが収録現場で「頑張れ、認知くん」と皮肉めいたエールを送ったといううわさが一般的に広まったことも騒動を大きくした。一方のChihoはというと、騒動後は表舞台からほぼ姿を消している。所属事務所に問い合わせるも「昨年より休業期間に入っております」との回答で、プライベートについては把握していないという。しかしChihoのオフィシャルブログ「ありのままでよくなぁ~い」では、山田が入籍した元日の更新で「モデルは去年で引退しまして、ヘアーメイクの仕事をしてました 今年は色んな事に挑戦して、チビ助と笑顔が絶えない日々を送りたいと思います」と心機一転の決意を語っている。”

山田孝之、土下座号泣で堕胎要求していた!! – 探偵ファイル 2006/02/20

2003年

市川海老蔵

出典 隠し子問題は「なかったコト」に? 海老蔵との結婚で見えた小林麻央の強さ – livedoorNEWS メンズサイゾー 2010年7月31日

“2003年2月、女性週刊誌により交際相手で元歌手の女性との間に1歳の娘の存在が発覚した海老蔵(当時は7代目市川新之助)。同年、NHK大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』に主演していたこともあり、隠し子発覚と同時に大騒動となった。海老蔵は深夜に都内で緊急会見を開き、「僕の子です。女の子です。認知しています」ときっぱり宣言した。相手の女性は、4歳年上で元歌手の日置明子。木根尚登プロデュースのもと、清楚なキャラクターで歌手活動をしていたものの、芽が出ないまま引退していた。まだ海老蔵が高校生の頃に知り合い、交際に至った二人。日置の妊娠が判明し「産みたい」と懇願されたが、海老蔵は「僕は結婚を考えられない」とし、子どもを認知し養育費も支払うことで同意したという。この時、なぜ結婚に至らなかったのか、破局した理由についてなどの質問が飛び交ったが、海老蔵が答えることはなかった。今でも年に数回は子どもに面会しており、月100万円余りの養育費も支払い続けているという。”

石井竜也

“歌手の石井竜也(44)に隠し子がいることが23日分かった。本紙の取材によると、母親は石井のステージに欠かせない美女として知られる カナダ人ダンサーのマリーザさん。子供は1歳で、都内で母子仲良く暮らしている。
石井は昨年末に元客室乗務員の夫人(34)と離婚してから丸1年を迎えたこともあり、男のケジメとして再婚する意向。両親にもすでに報告したもようで、年明けにも ゴールインするとみられる。”

出典 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2003/12/24/01.html |画像 http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010122301000108.html

2001年

石橋凌

2001年、米国女性との間に5歳になる男児がいることが発覚。愛人と息子の存在を認めた。妻は原田美枝子 “

出典 http://matinoakari.net/news/item_32145.html – 街の灯 01-05-25

“石橋凌(44)に24日、米国人女性との不倫関係、5歳の男児の存在が発覚。25日発売の写真誌が報じているもので、石橋はこの日夜、緊急会見。事実関係を認めながらも、妻・原田美枝子(42)との関係については「離婚は考えていない。時間をかけて結論を見いだしたい」と苦渋の表情。妻の原田も文書で「しばらくそっとしておいてほしい」とコメントした。関係者によると、愛人女性は30代半ばの米国人女性・Aさん。クラブ勤めなどを経て7年前に石橋と不倫関係に。2人の間には5歳の男児がおり、妻の原田はその事実を2年前に知人を通じて知ったという。緊張の面持ちで会見した石橋は「雑誌報道は事実。何ら弁解はしません」と言明。Aさんの「シングルマザーとして生きたい」という意向で子供は認知していないが、男児は「お父さん」と呼ぶという。石橋には原田との間に1男2女がおり、良きパパぶりが評判になった時期もある。「(Aさんとの)子供も、3人の子と同じように愛している。物理的な援助は今後も続けていく」と石橋。Aさんは米国に戻って仕事のキャリアを積みたいとの希望を持っており、直接会う機会は減っているという。妻と愛人、双方の子供の間で揺れる心境は「自分にとって、両方とも大事な人たちですから」と表現。原田とは2年前から善後策を話しているが、離婚を前提にした交渉は行っていないという。石橋は「今の段階で、離婚はない。子供たちをちゃんと育てあげるという務めがある」と説明。原田に対しても同じ考えを伝えてあるが、一方で「彼女の側から申し出があった時はまた考える」「子供がある程度の年齢にいくまで」と発言する場面もあり、揺れる心境がのぞいた。”

2000年

加勢大周

“2000年、元OLの女性と結婚直後、学生時代の同級生との間に4歳になる女児の存在が発覚。自分の子であることは認めてはいないがこれが原因で離婚。 “

出典 http://blogs.yahoo.co.jp/sassy_kanako_0409/26571998.html |画像 http://blogs.yahoo.co.jp/mgnwm458/57886400.html
 

1997年

市川染五郎

” 1997年、認知済みの男児がいることが発覚。18歳の時に交際していた、6歳年上の女性との間にできた隠し子。2003年に別の女性(高校時代からの友人)と結婚し、現在はその奥さんとの間に1男1女をもうけている。”

松本幸四郎の息子で、松たか子の兄。

出典 http://magazine.gow.asia/love/column_details.php?column_uid=00000885
 

“97年7月、隠し子騒動が発覚した。「歌舞伎界でも知る人はほとんどいませんが、染五郎さんには隠し子がいるんです」「かつて舞台で知り合った女優さんだったと伺っています」という舞台関係者の証言をもとに写真誌が取材を進めて、関西に住む母娘を突き止めた。

過去にはドラマのヒロインも務めたことがあるという女性は染五郎の6歳年上。写真誌の取材には「以前なら女優だったのでしゃべらなくちゃいけないこともあったでしょうが、今はやめていますので何も話すことはないんです」とノーコメント。一方、染五郎(当時24)は当初「何のことだかわかりません」とかわした。しかし、記者がさらに追及すると「後日連絡します」と立ち去ったという。その後、事務所や幸四郎からも正式コメントがないまま写真誌は発売。自転車の後ろに小さな女の子を乗せる女性の写真が掲載され、隠し子騒動は世間の知るところとなった。

7月10日、染五郎は公演先の大阪で緊急会見を開き「子供がいることは事実です。6年前に誕生した私の子どもです」と青ざめた表情で語った。6年前といえば、染五郎はまだ18歳で、国学院大学の1年生。舞台で共演し、その後交際を続けていたという。染五郎は「当時は真剣にお付き合いしていました。そして認め(認知)ました」と告白。別れたことについては「一言では言いにくいが、お互いそれぞれの道を歩もうということになりました」と語った。別れる際には、「お互いのため内緒にしておこう」と話し合って一切の交渉を絶った染五郎。子どもには一度も会ったことはなく、これからも会うつもりはないとも。”

出典 http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/149366

1996年

石原慎太郎

” 1996年(平成8年)3月、慎太郎の愛人問題が発覚。このスキャンダルをスクープした写真週刊誌は、「愛人は銀座の高級クラブの元ホステスで、二人の間には一九八〇年代はじめに生まれた男の子もいる。母子はいま母の故郷の雪深い町でひっそりと暮している。」と報じた。 “

出典 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%8E%9F%E6%85%8E%E5%A4%AA%E9%83%8E#.E5.AE.B6.E6.97.8F_.E8.A6.AA.E6.97.8F |画像 http://www.chinadaily.com.cn/hqzx/2012-10/26/content_15847482.htm
 
 

1995年

吉川十和子の夫

” 1995年、当時婚約者だった夫・君島明(当時の名。佐藤明から改名、その後さらに君島誉幸と改名)に、ソープ嬢との間の子(2歳)の存在が発覚。 “

出典 http://blogs.yahoo.co.jp/sassy_kanako_0409/26571998.html

君島明は、君島一郎(日本の服飾デザイナー)の婚外子。

“君島一郎は「日本を代表するファッションデザイナー」などと高く評価する声も多かった。

君島一郎によるブランドKIMIJIMAは、いわゆる社交界や上流階級にも好まれ、日本では皇族の愛用者も得た。こうしてファッション雑誌などのメディアでKIMIJIMAブランドが紹介される時には”皇族もおめしになる”といったイメージが添えられるようになり、それにより世の女性の間で”憧れのブランド”との位置づけを得ることにも成功、一時期、日本のオートクチュール界で一大勢力を誇った。

こうした成功の中、1995年12月5日、女優の吉川十和子が婚外子の君島明と11月中旬に婚約したことを発表、その一見華やかな結婚がマスコミで話題になった。だがその発表を機にして、息子の明が本妻の君島由希子の子ではないことや、息子にまつわる様々なスキャンダル、君島家の複雑な家族関係・人間関係、等々が次々に発覚、連日マスコミで大きく扱われるようになり、それらの芳しからぬイメージがKIMIJIMAブランドに常につきまとうことになり、長年をかけて築かれたKIMIJIMAブランドのブランドイメージは短期間で地に落ちることになった。君島のブティック各店は売上が激減、経営は一気に悪化した。1996年7月14日、君島一郎は急死した。

君島は莫大な借金を遺したとされ、君島が遺した法人およびブティックは、家族間の様々な争いの後(当時 ”骨肉の争い”とたびたび形容された)、君島明が相続することになったものの、支払いが滞るトラブルをたびたび引き起こした。結局ブティックも2000年代中に全て閉店となり現在では一店舗も残っていない。”

出典 Wikipedia

1993年

デーモン小暮

” 1993年、かつて交際していた女性に女児が誕生していたことが発覚。血液鑑定も行っている。しかし同年別の女性と結婚。 “

出典 http://blogs.yahoo.co.jp/sassy_kanako_0409/26571998.html
 

田中角栄

” 1993年、没後の遺産相続で非嫡出の男子がいた事が発覚。”
計4人の隠し子

出典 |画像 http://www.officiallyjd.com/archives/225868/japan-april-21-1981-tokyo-former-prime-minister-kakuei-tanaka-at-tanakas-house-photo-by-kaku-kurita-3/

1991年

ビートたけし

” 91年、愛人とされる女性との間に1歳になる女児の存在が発覚。 “

出典 http://blogs.yahoo.co.jp/sassy_kanako_0409/26571998.html
 
 

石田純一

” 1991年、学生結婚していた女性との間に16歳になる息子がいたことが発覚。その息子はいしだ壱成。当時の妻は女優・松原千明(99年に離婚) “

出典 http://blogs.yahoo.co.jp/sassy_kanako_0409/26571998.html

最初の妻となった女性は、作家で活動家・星川淳の妹の星川まり。
1970年代に知り合い学生結婚。この妻・星川まりとの間にできた息子のいしだ壱成は後に俳優・テレビタレントとなっている。

1988年、女優の松原千明と再婚、1990年7月には女児をもうけた。この女児は後に松原すみれ(現在は「すみれ」名義)としてモデルデビューすることになる。

人気俳優・タレントとなった石田は、ファッションモデル・長谷川理恵との8年余りに及ぶ交際でも知られた。1996年10月、不倫交際をマスコミから非難された石田は「文化や芸術といったものが不倫から生まれることもある」(前日に川島なお美から聴いた言葉をそのまま言ったものであり、石田のオリジナルではない)と反論、ゴルフ場で芸能レポーターの取材に答える石田の姿は、『不倫は文化』というフレーズと共に繰り返し報じられた。結婚中の不倫と『不倫は文化』発言による「不倫バッシング」によって、40代は一転して不遇の人生に転落することとなった。完全に干されてしまった石田は1999年に2度目の離婚。経済的にも困窮、それまで住んでいた高級マンションは引き払おうにも引越し代がないという始末であった。

2009年にプロゴルファーの東尾理子と交際宣言し、同年9月に出演したテレビ番組においては翌春に東尾理子と結婚することを発表。結婚から3年後の2012年11月5日に男児・理汰郎が誕生している。

1990年代

泉ピン子の夫

” 泉ピン子は消化器内科医の夫と結婚しているが、この夫と愛人の間に2人の隠し子がいることが明らかに。 “

出典 http://cp-news.com/news/bbs1.php?&box=1&bbs=1303638573

1987年

松方弘樹

” 87年、歌手・千葉マリアとの間に男児の存在が発覚。千葉は84年に出産し、その後、松方が認知して養育費を支払っている。当時の妻は女優・仁科亜季子(98年に離婚) “

出典 http://blogs.yahoo.co.jp/sassy_kanako_0409/26571998.html |画像 http://columbia.jp/artist-info/matsukata/prof.html 

最初の妻で元モデルの夏子との間に長男の目黒大樹(親権は松方)。2度目の妻・仁科亜季子との間に、次男の仁科克基と長女の仁科仁美(親権は2人とも仁科)。愛人関係であった千葉マリアとの間に十枝真沙史(松方は認知)。

1984年

丹波哲郎

” 1984年、愛人で女優の江畑絢子との間に10歳の息子の存在が発覚。その息子は森正樹。 “

出典 http://geinyuu.seesaa.net/category/12387118-1.html
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  プロフィール  PR:無料HP  合宿免許 大型  志布志自動車学校  夏タイヤ  タイヤ 履きかえ  タイヤ 見積  美容 専門学校  中古タイヤ 販売店  上野原自動車教習所  天然石ブレスレットの通販  群馬 合宿免許  タイヤ 取り付け 桶川市  名簿屋