澤口俊之 セクハラ疑惑で北大退職

2006年

澤口俊之(さわぐち としゆき、1959年2月23日 – )は日本の生物学者、脳科学評論家。


画像 楽天

テレビでも活躍…北大名物教授がセクハラで「クビ」

 テレビ番組にも出演していた北海道大学の大学院教授が、女性職員へのセクハラを繰り返したとして諭旨解雇を受けていたことが分かりました。本人は否定しています。

「モテたい脳、モテない脳」などの著書で知られる北大大学院の澤口俊之教授が、女性職員へのセクハラを繰り返したとして大学側から諭旨解雇処分を受けていたことが分かりました。北大などによると、澤口教授は、去年7月から同じ研究室の20代の女性職員の自宅に上がり込むなどして関係を持ち、女性が断ると、「辞めてしまえ」と発言。女性が大学側にセクハラ行為として訴えていました。澤口教授は「大学に迷惑をかけた」として処分が出る前に辞職していますが、「相手の意思に反して、強要した事実はない」として、異議を申し立てる方針です。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann/20060331/20060331-00000020-ann-soci.html

セクハラ解雇 沢口北大教授が異議申し立て 大学に「承服できぬ」北海道新聞

北大の沢口俊之・大学院医学研究科教授(47)が、女性職員にセクハラ行為を繰り返したとして諭旨解雇通知を受けた問題で、同教授は31日、同大に対し、「大学の認識は明らかな誤りで処分は承服できない」とする異議申し立てを文書で行った。同教授の代理人は同日、近く女性職員に損害賠償を求める訴訟を起こす予定であることを明らかにした。

申立書によると、沢口教授側は「積極的に交際を求めたのは女性職員で、性的な嫌がらせや辞職を迫る発言はしていない。大学の調査もずさん」などとして、北大に慎重な判断を求めている。

申し立てを受け、北大は再調査を行い、早ければ四月中にも最終的な処分を決める。ただ、沢口教授は3月18日に退職願を提出し、民法の規定で1日には退職が承認される見通し。このため、処分が決定しても執行できない可能性が高い。

同教授の代理人は異議申し立ての理由について「再就職のことも考え、一方的な疑いは放っておけない」と説明。一方、北大の南俊夫広報課長は「処分を行えない公算が大きいのは残念で、遺憾だ」と述べた。

http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20060401&j=0022&k=200603316205

セクハラ:脳科学の教授を免職処分へ 北海道大学 毎日新聞

脳科学者として知られる沢口俊之・北海道大大学院医学研究科教授(47)が大学の女子職員にセクシャルハラスメント(性的嫌がらせ)をしていたとして、北大が諭旨免職処分とする方針を決めたことが31日明らかになった。沢口教授は辞職願を既に提出しているが、代理人の弁護士によると、「セクハラの事実はない」として31日にも大学に異議を申し立てる。

北大によると、沢口教授は05年7月ごろ、女性職員の自宅を訪れるなどして関係を持つよう数回迫った。拒否されると、「辞めてしまえ」などとどなりつけたとされる。女性職員は同年9月に学内のセクハラ相談員に通知。セクハラ等防止対策室に調査委員会を設置し、調査した結果、セクハラの事実を認定した。今月22日の教育研究評議会で処分を決め、本人に通知した。

沢口教授の代理人は「女性の方からアプローチがあり、女性の意に反したり、教授の立場を利用して関係を迫ってはいない」と話している。辞職願は18日に出された。4月1日までの2週間以内に取り下げないと正式に受理され、諭旨免職前に自主退職扱いとなる。

記者会見した北大の南俊夫広報課長は「諭旨免職は2週間以内に異議申し立てがないと確定するが、その前に辞職願が取り下げられないと自主退職の扱いになる」と説明している。

沢口教授は「平然と車内で化粧する脳」や、阿川佐和子さんと共著の「モテたい脳、モテない脳」など、脳科学を分かりやすく解説した著書が多数ある。

http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/women/news/20060331k0000e040097000c.html

北大の沢口教授、セクハラで諭旨解雇通知 教授側は否定 朝日新聞

脳科学者で「幼児教育と脳」など一般向けの著書も多い沢口俊之・北海道大大学院医学研究科教授(47)が、大学の女性職員にセクシュアル・ハラスメントを繰り返したとして、諭旨解雇の方針を通知されていたことが31日、明らかになった。沢口教授は3月18日に辞職願を提出したが、教授の代理人は「女性職員が積極的に誘ったもので、セクハラの事実はない」と反論している。

沢口教授は05年7月ごろから、女性職員の自宅に上がり込んだり、性的関係を迫ったりしたという。女性職員は同年9月に大学側に被害を訴えた。北大は関係者を聴取し諭旨解雇処分方針を決め、沢口教授に通知した。04年にもセクハラで減給処分を受けていたため、今回は厳しい処分となった。

大学側によると、正式な処分は本人の陳述期間を経て4月6日に決定される。しかし辞職願に基づく退職は4月1日に決まるため、処分は事実上できなくなる。

http://www.asahi.com/national/update/0331/TKY200603310239.html

発達障害の改善と予防 [ 沢口俊之 ]
価格:1512円(税込、送料無料)

 

モテたい脳、モテない脳 [ 沢口俊之 ]
価格:648円(税込、送料無料)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  プロフィール  PR:無料HP  合宿免許 大型  志布志自動車学校  夏タイヤ  タイヤ 履きかえ  タイヤ 見積  美容 専門学校  中古タイヤ 販売店  上野原自動車教習所  天然石ブレスレットの通販  群馬 合宿免許  タイヤ 取り付け 桶川市  名簿屋