野々村竜太郎議員 政務活動費問題で号泣釈明会見

野々村竜太郎(1966年7月29日-)は兵庫県の元県議。関西大学法学部卒業。

経歴

1992年~2007年

関西大学を卒業すると、兵庫県川西市の職員として採用された。以来、地方公務員として勤務を続け、川西市役所の総務部にて、契約管財課や資産税課、防災安全課に勤務した。なお、防災安全課に配属された際は、川西市消防本部の総務課にも併任された。また、川西市選挙管理委員会の事務局にも勤務した。そのほか、川西市立多田東小学校や川西市立東谷中学校の職員としても勤務した。

2007年~2011年

その後、川西市を退職し、政治の道を志した。退職後は、宅地建物取引主任者として生計を立てた。

地域政党として「西宮維新の会」(日本維新の会及び大阪維新の会とは無関係)を旗揚げし、自らがその初代代表に就き、兵庫県議会議員選挙への挑戦を表明した。そして、野々村自身は、自宅のある西宮市選挙区から立候補することを明らかにした。公約として、兵庫県の公立高等学校の進学率と就職率の向上などを掲げ、2011年4月、兵庫県議会議員選挙にて当選を果たした。

出典 wikimatome.com

記者会見

2013年に豊岡市と兵庫県佐用町、東京都、福岡市の4カ所を日帰りで計195回訪問したとして、政務活動費から計約300万円を支出していたことが発覚。2014年7月1日に記者会見を開いた。

会見の席で感情的になり、その感情表現が突き抜けすぎていたため、動画はTVだけでなくインターネットで世界中に発信され、日本国内にとどまらず海外にまで知られることになる。

野々村竜太郎
野々村竜太郎議員

詐欺と虚偽公文書作成・同行使容疑で書類送検

2015年1月19日

野々村容疑者は、2011年からの3年間で、城崎温泉などへのカラ出張や領収書の金額を書き加えるなど、およそ800件のうその収支報告書を作成し、政務活動費およそ220万円をだまし取った疑いが持たれている。

野々村氏が受給した政活費は計1834万円にのぼるが、県警は、このうち、電車の運休などで移動が不可能だった日帰り出張など客観的証拠のある支出について不正使用を裏付けた。

出典
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150119-00050069-yom-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20150119-00000670-fnn-pol

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  プロフィール  PR:無料HP  合宿免許 大型  志布志自動車学校  夏タイヤ  タイヤ 履きかえ  タイヤ 見積  美容 専門学校  中古タイヤ 販売店  上野原自動車教習所  天然石ブレスレットの通販  群馬 合宿免許  タイヤ 取り付け 桶川市  名簿屋